キングオブキングな社長が考える顧客ニーズをとらえる制度

シェアする

どうも show-taです。

何故か、経済的な話よりもサービス関連の

記事が人気があるこのサイト・・・・・・

ちょっと、、、、寂しくもありますが

頑張って、経済的な記事も盛り上げたいと思います。

そんな中、某雑誌の特集で社長が選ぶベスト社長に

→キングオブキングな社長ですね。

輝いた「日本電産の永森社長」の経営について。

「レジデント・エンジニア」制度

簡潔に言うと、顧客企業に3年間ほど技術者として

出向的扱いで送り込む制度です。

これは、今まさに「ユーザー志向」と呼ばれる

顧客の真のニーズを理解する為には持って来いの

制度だと思います。

研修やセミナーでユーザー志向を学ぶなどの

カリキュラムを組んでいる企業はありますが

はっきり言って、1日や2日で学べるものでは

ありません。 

しっかりと、顧客側の立場で視点で 

何が必要か、今何をすべきかを経験する事が必要です。

このレジデント・エンジニア制度は

既に、多くの企業で導入されており

ITに至っては既に重要な制度となりつつあります。

是非、企業戦士の方はこの制度を自社で

実施してみては如何でしょうか?

では!!!

日本電産
日本電産株式会社(にほんでんさん、英: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 創業者は永守重信。精密小型モーターの開発・製造において世界一のシェアを維持・継続している。ニューヨーク証券取引所東京証券取引所第一部上場、証券コード6594。 沿革 1973年4月 - 京都市において会社設立。精密小型ACモーターの生産を始める。 1974年 - アメリカに事業拠点を設置。 1976年4月 - アメリカ現地法人、米国日本電産(株)を設立。 1978年9月 - 8インチフロッピーディスクドライブ用精密小型ACモーターの生産を開始。 1982年1月 - OA機器用精密小型ACモーターの生産を開始。 1984年2月 - アメリカのトリン社の軸受ファン部門を買収。本格的なM&Aを初めて行う。 1984年2月 - 3.5インチ型ハードディスク用スピンドルモータの生産を開始。 1986年12月 - プラスチック型低コストファンの生産を開始。 1988年11月 - 大阪証券取引所第2部、京都証券取引所(両市場とも現在の東京証券取引所)に株式を上場。
日本電産サーボ
社名 日本電産サーボ株式会社<br/> 英文社名 Nidec Servo Corporation<br/> ロゴ <br/> 種類 株式会社<br/> 略称 <br/> 郵便番号 376-0011<br/> 本社所在地 群馬県桐生市相生町3-93<br/> 電話番号 0277-53-8811<br/> 設立 1949年4月19日<br/> 業種 3650<br/> 統一金融機関コード <br/> SWIFTコード <br/> 事業内容 <br/> 代表者 代表取締役社長 田島卓也<br/> 資本金 25億4,775万円<br/> 発行済株式総数 <br/> 売上高 単体245億円、連結251億円(2009年3月期)<br/> 営業利益 <br/>
日本電産コパル
日本電産コパル(にほんでんさんコパル)は、日本電産グループの精密機器メーカーである。カメラ用シャッターで世界首位のシェアを持つ。 戦後、レンズシャッター専門メーカーとして創業。セイコー、シチズン、MSK、NKSなど国内のメーカー、海外のコンパー、プロンターなどと争った。倒産、撤退したメーカーも少なくなかったが、トップシェアを達成し、現在まで維持している。 また、カメラメーカーと協力して、OEM用フォーカルプレーンシャッターのコパルスクエアを商品化。ユニット化を実現するためには容積を減らす必要があり、製造が困難な縦走りの金属幕を採用した。結果として、故障が少なく、長期間に渡って高精度が維持される優れたシャッターとして評価された(基本設計をおこなったのはエフシー製作所の茶谷薫重)。 現在は従来のフィルムカメラ用シャッターだけでなく、デジタルカメラ用シャッターも生産している。また、デジタルカメラの筐体金型、光学部品も設計、生産し、電気メーカーに供給している。 シャッターと平行して、8mm映写機、ミニラボ(小規模DPE)、置時計(いわゆる「パタパタ時計」)、電子部品(トリマ、スイッチ、圧力センサなど)などの製造にも進出。
日本電産サンキョー
日本電産サンキョー株式会社(にほんでんさんサンキョー、英: NIDEC SANKYO CORPORATION)は、日本電産株式会社の子会社で電子部品、システム機器を製造。 会社概要 現在の事業内容は、 家電住設機器(電動機、モーター駆動ユニット、テープデッキ等) 情報周辺機器(電動機、光ピックアップユニット、精密プラスチック成形品等) 産業用機器(ロボット、カードリーダー、産業関連機器等) その他(不動産、保険、人材派遣等)かつては、オルゴールのムーブメント製造が看板事業で、一時は世界のオルゴールムーブメントシェア80%を誇った。しかし、現在は、本体としては同事業からは撤退し、子会社の日本電産サンキョーオルゴール株式会社で取り扱っている。 オルゴールと並ぶ民生用製品として、8ミリフィルムカメラおよび映写機を、Sankyoブランドで1957~1981年に製造販売した。オルゴールの加工技術から小型モーター、磁気ヘッド、光ピックアップ、カードリーダー等へ展開。数々のトップシェア製品を持つ。 2003年に業績不振から日本電産株式会社傘下入りを発表し、2012年に同社の完全子会社となる。

API提供:SimpleAPI:WikipediaAPI

スポンサーリンク
blogramによるブログ分析

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>