これからの働き方について、今後のあるべき姿 パート2

シェアする

こんばんは。

夜に商談がありまして・・・

商談が終わった後、談笑していたら

今日もこんな時間に

なってしまいました。  遅くなってすいません。

本題に入る前に少し、、

今日は、東京ビッグサイトにて

コンテンツ制作・配信EXPOへ

行っておりまして、そちらの方は

FaceBookに載せていますので

興味のある方はご覧くださいませ。

と言う事で、今日は昨日の続きで

なぜ、、全くと言っていいほど日本製のITソフトが

 
世界には存在しないのか??

はい。 その答えは2つあります。

※2つだけでは無いかも知れませんが

まず、1つ目に

ITは人々の生活を豊かにしたわけでは無く

便利にしているだけだからです。

分かり辛いので、例を挙げると

例えば、飛行機に乗る場合

ITによって、わざわざ空港に行かなくとも

ANAにJALなどのWEBサイトからチケットを

予約しておき、空港で受け取ると言う事が

可能になりました。

これは、非常に便利になっているのですが

結局飛行機に乗るのが早くなるわけでも、飛行機のスピードが

速くなるわけでもありません。

人は飛行機に乗って初めて、満足感を得るわけです。

チケットをWEBから予約しても結局は、飛行機に乗って

現地について初めて目的を達成出来るのです。

ITだけで完結出来るサービスってきっと無いですよね?

きっと何かの付加価値を高めるためのテクノロジーでしか

無いわけです。 でも、飛行機は今まで行けなかった場所へ

我々を連れて行ってくれますし、空を飛びます。 

この経験は人の心を豊かにしてくれます。 

日本人はまた

定義がはっきりしない事が苦手な人種で

深く掘り下げて納得しないとダメなお堅い人たちの

集まりです。

拘りが非常に強いわけです。 そこが良かったりするのですが

こと、ITに限ってはそれが邪魔をします。

定義がはっきりとしないものに対して要求がとても細かく

しかも、自分たちもはっきりとする事が出来ないで

的を得た要求を出す事が出来ず、システム開発は

失敗してしまいます。 

※7割以上の日本のシステム開発が失敗と言われています。

すいません。。。。 長くなってしまって。。。 2つ目はさらりと

遊び心が無さすぎる。。

IT業界はとても中途半端で、製造業と言うわけでも無く

サービス業と言うわけでも無いとても中途半端な位置づけに

なってしまっているからです。

※一応、サービス業にカテゴライズされていますが。。。

なので、、、製造業などの自社製品にこだわりを持ち

極めると言う事も無く

サービス業におけるどんなサービスが市場に望まれるか

や、何が人の心を掴むのか、サービスとは何かを

分かっていないのです。⇒自分たちが楽しんでないので。(汗;;

この画像を見て下さい。

DSC_0164-1

この場所はどこだと思いますか?

実は、ここ・・・

とあるゲーム制作会社のオフィスなんです。

何でしょうか。この開放的で居心地がよさそうな雰囲気は・・

こんな場所だったら、頭もすっきり心も

リフレッシュ出来るのでは

無いでしょうか?

私の知る限り、IT業界のオフィスは人を詰め込むだけ

詰め込んで。。 毎日毎日遅くまで残業し。。

不具合を出しては顧客に始末書と

何故不具合が出たのか?

を論理的に責められる打合せ(笑

楽しむどころか

疲弊すると言う場所しか知りません。

こんな場所では人を喜ばせるなんて

発想は生まれるわけありません。

IT業界は今、2015年問題と言う大きな

問題を抱えています。 2015年が過ぎれば

IT関連の仕事が急激に減り始め、仕事が無くなると

言われています。 必死で働いて

毎日怒鳴られて、、、更に仕事まで無くなると言う

悲惨な現実が

待っています。

でも、それは見方を返れば、チャンス到来なんです。

と言う事で、、、すいません。 今日で完結しようと思っていたのですが

明日、これからの働き方について

最終回!!!

では!!!

ほんと・・・纏めきれなくて・・・すいません。

スポンサーリンク
blogramによるブログ分析

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>